xna

By , 2012年7月3日 (火) 09:03:10

看護師の顔は日本人っぽくのっぺりさせた方が良いかと思ったのだが、あまりにも能面のようなのでもう少し描いてみようとは思う。 顔を描くのはたいへんだわ。 肖像画かいたり人形作ったりするのと基本的には同じだわな。

で、だいぶ前から XNA の授業をやっていて、XNA が出たのは visual c# 2005 の頃だから、少なくとも五年はやってるわな。 しかし、XNA はそろそろやめようかとも思っていたのだけど、 最近 mod 制作に visual c++ が必要になって、 mod programming とか c++ とか1年生がやるにはあまりに難しいのだが、 visual studio の開発環境に慣れておいてもらうという意味では教材としては XNA くらいしかない。 C# は優れた言語であり、facebook のアプリなども C# で開発されているというし、 まあ、C# をかじる程度にやっておくのは悪いことでもないな、と思い直し始めた。

で、ゲーム制作にはグラフィックも必要なので、つまり、看護師の顔塗るのもそうなのだが、 そうすると、私としては、極めて個人的な理由ではありしかし一般論的にも重要なのだが、 3DCGのゲーム制作をしながら簡単なモデリングをやりテクスチャの描き方を学ぶ、という授業が必要なのであり、 そうすると xna と softimage mod tool は相性がいいからやはり softimage のモデリングの練習として xna をやるというのはありかなという結論にならざるを得ない。

ただ単に gimp の授業をやるというのはけっこう味気ないものだ。 モデリングにしてもそう。 ゲーム制作をやるからグラフィックもモデリングも面白いのである。

softimage mod tool もいつまであるのかしらぬが、 valve と microsoft が教育機関向けにサポートしつづける何かの因縁というか要請があるだろうと思うと、 そんなにすぐに消え失せることはなさそうに思う。 ていうか今やそここそが softimage の最大の売りなのではないか。

ま、しかしそんな授業に移行するとしても再来年の話だな。

Comments are closed

Panorama Theme by Themocracy