斗南先生

By , 2012年4月5日 (木) 14:26:45

中島敦の比較的初期の作品で「斗南先生」というのがある。 斗南先生とは中島敦の叔父中島端のことで、この作品の中に出てくる漢詩もその叔父が作ったというものだ。

冒頭の詩は読み下し文から復元すると次のようになる。 雲海蒼茫佐渡洲。 やはり押韻はきちんとしているが平仄は完全とは言えない。

毎我出門挽吾衣。 これも悪くないが、平仄はかなりいい加減だし、「我」「吾」などわざと同じ意味の言葉を字だけ使い分けてたり、同じ字の反復が目立つ。

七言絶句なのに初句が押韻してない、いわゆる踏み落としだが、「微」と「支」は通韻なので、これはありか。 ていうか通韻珍しい。滅多にないよ。通韻いちいち調べるの面倒なので書いておく。

東冬江
支微斉佳灰
魚虞
真文元寒刪
先
粛肴豪
歌麻
陽
庚青蒸
尤
侵覃塩咸

今度使ってみようかな。

和歌も出てくる。幕末維新の武士みたいな歌だ。 ついでだから書いておく。

吾(あ)が屍(かばね) 野にな埋みそ 黒潮の 逆巻く海の 底へなげうて

さかまたは ををしきものか 熊野浦 寄り来るいさな 討ちてしやまむ

中島敦の漢詩なり和歌は、少なくとも漢詩は親類の影響を受けたものだろうと思われる。 あまり平仄はやかましく言わない流派なのだろうと思う。 「吾が屍」の歌は町田四郎左衛門という志士の詠んだ歌

我死なば 焼きて埋めよ 野に捨てば 痩せたる犬の 腹を肥やさむ

に似ている。これはもともと小野小町の辞世(もちろん後世の偽作)

吾れ死なば 焼くな埋むな 野に晒せ 痩せたる犬の 腹を肥やせよ

を本歌とするのだろう。

Comments are closed

Panorama Theme by Themocracy