Category: mandala

Softalk

comments Softalk はコメントを受け付けていません。
By , 2009年6月12日 (金) 01:11:08

Softalk というフリーソフトの音声合成ソフトがあったのでありがたく使わせてもらう。 AquesTalk – テキスト音声合成ミドルウェア というものが元になっているらしい。 感謝。

男性2種類、女性2種類の声が出る。 いかにも合成音声っぽい声だが、まあこれで良い。

サンプリングレートが8000Hzなのだが、 Source SDKで使うにはこれを44100Hzに変換しなくてはならない。 そこで Yamaha Tiny Wave Editor というものを使わせてもらう。 使い方は Waveファイルのリサンプル Tiny Wave Editorを使う など参照。

Source SDKのFace PoserのPhoneme EditorにWaveファイルを読み込み、適当に音素を貼り付けて、 口パク情報をWavファイルに格納する。 それから、hl2/sound/vo/npc/male01とかにabouttime01.wavなどの名前で保存する。 そうするとやっとnpc citizenが日本語でしゃべるようになった! すげえたいへんだけどできなくはない。 日曜日の展示までに泣きながら男女40種類くらいのセリフを作るぞ。

npc_citizenの台詞

comments npc_citizenの台詞 はコメントを受け付けていません。
By , 2009年6月10日 (水) 12:28:46

source engine.gcfの中に、hl2/scripts/talkers/npc_citizen.txt というものがあり、 だいたい

//============================================================================================================
// Citizen Hello speech
//============================================================================================================
response "CitizenHello"
{
    scene "scenes/npc/$gender01/abouttime01.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/abouttime02.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/ahgordon01.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/ahgordon02.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/docfreeman01.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/docfreeman02.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/freeman.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/hellodrfm01.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/hellodrfm02.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/heydoc01.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/heydoc02.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/hi01.vcd"
    scene "scenes/npc/$gender01/hi02.vcd"
}
//============================================================================================================
// Citizen Idle speech
//============================================================================================================
response "CitizenTalkStare"
{
 scene "scenes/npc/$gender01/doingsomething.vcd"
 scene "scenes/npc/$gender01/getgoingsoon.vcd"
 scene "scenes/npc/$gender01/waitingsomebody.vcd"
}
//------------------------------------------------------------------------------------------------------------
response "CitizenTalkPlayerPushed"
{
   scene "scenes/npc/$gender01/sorryfm01.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorryfm02.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorrydoc01.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorrydoc02.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorrydoc04.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/excuseme01.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/excuseme02.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/pardonme01.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/pardonme02.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorry01.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorry02.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/sorry03.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/outofyourway01.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/outofyourway02.vcd"
   scene "scenes/npc/$gender01/whoops01.vcd"
}

このへんの台詞を差し替えればよいことがわかる。 また同じファイルの hl2/resourceに closecaption_english.txt とか closecaption_japanese.txt などのファイルがあり、 台詞とWaveファイルとの対応は

"npc_citizen.abouttime01"   "Well, Gordon Freeman! And about time, too. "
"npc_citizen.abouttime02"   "Well, Gordon Freeman! And about time, too. "
"npc_citizen.ahgordon01"    "Ah, Gordon Freeman. "
"npc_citizen.ahgordon02"    "Ah, Gordon Freeman. "
"npc_citizen.doingsomething"    "Shouldn't we be doing something?"
"npc_citizen.waitingsomebody"   "You waiting for somebody?"
"npc_citizen.squad_reinforce_group01"   "Doctor Freeman, wait.  We'll come with you. "
"npc_citizen.squad_reinforce_group02"   "Hey, it's Freeman!  Let's follow him! "
"npc_citizen.squad_reinforce_group03"   "We were looking to join you, Doctor Freeman."
"npc_citizen.squad_reinforce_group04"   "Wait for us!"
"npc_citizen.squad_reinforce_single01"  "Wait for me, Dr. Freeman.  I'll come with you. "
"npc_citizen.squad_reinforce_single02"  "Dr. Freeman, I'm coming with you. "
"npc_citizen.squad_reinforce_single03"  "Hey. it's Freeman! You're not leaving without me. "
"npc_citizen.squad_reinforce_single04"  "Wait for me. "

などと書かれている。

spahotel mandala: source

comments spahotel mandala: source はコメントを受け付けていません。
By , 2009年6月9日 (火) 16:53:20

次回のオープンキャンパスでまんだら屋を急遽展示することになったのだが、 今公開しているのはver 0.1で、 卒制展て展示したのはver 0.1.1 (非公開)、 少し手を加えようと思うのだが、 とりあえずcitizen maleの声だけでも差し替えたい。 この音声データはGCFscapeで調べるとsource sounds.gcf の中の、vo/npc/male01の中の abouttime01.wav などのファイルであるようだ。 これらのwaveファイルには口パクの情報が埋め込まれているので、 差し替えるにはただ単にwavを置き換えるのでなく、 face poserでwavを編集しておかないといけない。 結構めんどくさい。

Loop in Post Idle

comments Loop in Post Idle はコメントを受け付けていません。
By , 2009年2月14日 (土) 20:21:33

Source Engineで生活感を表して見たかった。 神田川みたいな和製フォークの世界(笑)。 やらんといいながらまたまたやってます。 ふすまも天袋も作った。 ふすまのテクスチャがヤバイ。 ヤバイが無視する方向で。 おいおいやっとキャラと背景の世界観が一致して来たぞ。

mandala120003

mandala120007

mandala120008

mandala120002

それはそうとscripted_sequence のflagsにLoop in Post Idleというのがある。 これをyesにすると、scripted_sequenceが終わった後も同じ姿勢をとり続けるのだった。 サンプルとか参考にしてやっとやり方みつけた。 Kleinerが座ってたり、 ジャージ姉さんが体育座りしたり、 むさ苦しいおっさん(male05。cs:sの人質でも有名な東洋人)が寝転がったりというのが generic_actor + scripted_sequenceでやっと実現できた。 scripted_sequenceはlogic_autoのOnMapSpawnでトリガーしてる。 いやあ。 やっぱこうするしかなかったわけかと、いまさらながら了解した。

むさいおっさんはかなりヤバイ転がり方してるなあ。

scripted_sequenceは他のbrushとかpropに重なっていると動きません。 どうやって椅子に座らせるっちゅうのかかなり悩む。 浅く座らせることでとりあえず解決。

まんだら屋前で記念撮影。

comments まんだら屋前で記念撮影。 はコメントを受け付けていません。
By , 2009年2月12日 (木) 16:07:44

mandala090003

mandala090009

mandala090004

mandala090013

mandala090007

mandala090011

モデルのテクスチャを描き換えてもらったので差し替え。 少しだけリアルになった。 建物もまんだら屋っぽいものを追加。 どうして月子はいつも困った顔をしているの。

自動ドアならぬ自動障子。 音はCarpetScrapeというものを流用。 つまり絨毯の上でモノがこすれる音ね。

mandala ver 0.1 released

comments mandala ver 0.1 released はコメントを受け付けていません。
By , 2009年2月10日 (火) 11:18:05

Mandala ver 0.1 を公開してみた。 説明はまだ無い(笑)。

薬莢ももうすぐ公開します。 たいへんお待たせしております。

畑中先生にみてもらいました。

comments 畑中先生にみてもらいました。 はコメントを受け付けていません。
By , 2009年2月9日 (月) 15:07:21

まんだら屋の良太のモデルを原作者の畑中純先生と、マンガ学科の先生方に見てもらいました。 北九州市で個展が開かれているのでこちらにはいらっしゃらないかと思い、 動くものは用意してなかったので、ブログの静止画だけ見てもらいました。 「似てない」とか厳しい指摘があるかと思ってましたが、なんとかOKだったみたいです。 いよいよ20日から卒業制作展で展示しますよ。

あー。せめて声を差し替えたい。 男には男の声を。女には女の声を(笑)。 吹き替えって難しいのかなあ。

説明用のデータをごちゃっとアップしました。

comments 説明用のデータをごちゃっとアップしました。 はコメントを受け付けていません。
By , 2009年1月25日 (日) 00:00:11

alyx_uv00

ryota_choreography00

ryota_weight_editor00

鉄男と久美子

comments 鉄男と久美子 はコメントを受け付けていません。
By , 2009年1月14日 (水) 11:41:16

卒業制作も追い込みです(笑)。 それで準主役の鉄男と久美子も作ってもらうことにした。 良太と月子と鉄男と久美子、合わせて四体。 1970年代記など合わせ読むに、鉄男と久美子の方がなにやら実体験に近いように思う。 良太はなんか極端な架空のキャラだし、月子はあまりに美少女で潔癖すぎるし、 月子にしても最初から良太のヒロインとして登場したのではなさそうだ。 良太と月子ではどたばたギャグマンガにしかならないが、 鉄男と久美子ならごく普通の高校生のカップルとして描ける。 鉄男は小倉在住、久美子は九鬼谷温泉のまんじゅう屋の娘、というのも意味深ではある。 1970年代記には「ミゝズク通信」という初期の短編作品が載っていて、 これは著者が調布に引っ越してきた当初のことをそのままマンガにしたようなものだが、 その主人公と鉄男は良く(絵柄が)似ている。 ハイジやクララが明らかに架空の主人公であるのに対して、 脇役のデーテがいかにも実在のモデルがいそうなのと同じかもしれん。 ていうか良くあることかもしれん。

まんだら屋の謎

comments まんだら屋の謎 はコメントを受け付けていません。
By , 2008年12月2日 (火) 10:06:07

九鬼谷温泉は、小倉を流れる紫川の流域で、 バスで一時間半。 30分を約5kmとして15kmほどの上流となるが、 そんな上流はない。 というかほとんど源流までさかのぼった分水嶺の辺りということになろう。 小倉から見ると南の方、大分か熊本の県境辺りの山奥。 しかし、九鬼谷温泉からさらに奥の湯というのがあるからその少し手前くらいか。 実際には小倉上流に温泉などというものはない。

温泉入り口からさらに南に川沿いに進み、 支流が西に分かれる分岐点にまんだら屋は位置する。 玄関は西側、庭が東側で、庭は東側で本流に、南側で支流に面している。 露天風呂は河原にあって、水を川から取り込んで温度を調節している。

風呂は内湯、家族風呂、亀の湯という離れの風呂、露天風呂の四種類。 露天風呂は混浴。 庭から河原に階段で下りたところ。 階段に下りる手前に亀の湯がある。 内湯はおそらく男女で2つあり、 するとまんだら屋に五つの風呂があるという勘定が合う。 ただし、天狗湯というものが一度だけ登場する。 これを入れて五種類かもしれない。

西側玄関から本館。 本館は三階建て。 家族風呂は本館の東側、庭の眺めの良い位置にある。 内湯と家族風呂はボイラー室でわかしたお湯だが、 亀の湯と露天風呂はボイラー係不要なので「わかし」ではないらしい。

家族風呂から庭の東屋まで渡り廊下。

などと考えていくと、まんだら屋というのはそうとう大きな旅館で従業員も大勢いないと成り立たないらしいことがわかる。

本館南側におそらく厨房と従業員用の建物が隣接し、 従業員用の駐車場などがある。いわゆるお勝手。 さらにその南側に大山家(良太と母)の住居(事務所兼?)がある。 この自宅から支流の対岸(南側)に橋がかかっている。 良太は高校生、元太という大学生の兄がいる(同居していない)。 どちらがまんだら屋を継ぐのだろうか。 所帯がそうとうでかいから共同経営か。 父親は登場しない。

庭には大きな池がある。 南は大山家の住居から北のはじっこのもう一つの東屋までのびている。 池はひょうたん型にくびれていて、 くびれたところに途中で少しずれてつながった橋が架かっている。 庭には松がたくさん生えており、北の端の河原の辺りは林のようになっている。

建物の描写は細かなところが違っていたりもするが非常に具体的で一貫性があるので、 おそらく実在のモデルが存在するものと思われる。 しかし実在するならするであまりに本物に似せて作っては迷惑になるかもしれず、 ある程度想像のまま作った方が良いかも知れない。

SAIって絵しか描けないんだな。 テキストも書けると良いのだけど。 やっぱcomic studio使っとくか。

畑中先生のサイン本

comments 畑中先生のサイン本 はコメントを受け付けていません。
By , 2008年3月13日 (木) 07:31:42

畑中純先生にサインをもらいました。 イラストも入ってるんです。 それから「まんだら屋の良太」を3DCG化、ゲーム化してはどうかという話もしました。 せっかく漫画学科もアニメーション学科もあり、3DCGもゲームもやってる大学なんだから、 そのくらいやってもいいんじゃないの。 畑中先生も、自分の絵が動くのをみたいと言ってました。

「ガロ風3DCGの自動生成」 とかどうよ。 版画動かすのはたいへんそうだな。

ゲーム企画としては「温泉」「美人」「湯巡り」など(笑)。 漫画学科はまだ一年生しかいないのでまだあまりアダルトな企画はできないが二十歳すぎれば共同制作もOK、 などと盛り上がった。

また、マンガ学科には2万5千冊の漫画図書館があり、ゴルゴ13なども全巻そろっていて、 もちろんまんだら屋も全巻そろっていて、今やネット販売で中古を買いあさらないとこんなにはそろわないそうです。 もももしかするとつげ義春も白土三平も全部そろってるんだろうか、たぶんそうだなきっと。 学生と一緒に遊びにきてくださいと言われたけど、なんかいりびたりそうだなあ。 ある意味すごい大学だわな。 今は学生知らないけど知れ渡るとたいへんなことに。 四月から正式に開館すると言ってたけど。

Panorama Theme by Themocracy