XNA Platformer

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

XNA Platformer Starter kit

PlatformerまたはPlatform gameとは、いわゆる横スクロールアクションゲーム(スーパーマリオのようなもの)。

背景の手前にタイルのレイヤーがある。

タイルには、宝石、通れないブロック、通れるブロック、敵、乗ることができるプラットフォームなどがある。

実行方法

  • デスクトップのMicrosoft Visual C# 2008 Express Editionを起動。
  • ファイル→新しいプロジェクト→Visual C#→XNA Game Studio 3.1→Platformer Starter kit。
  • 場所を「デスクトップ」にする。
  • F5キーを押す(ビルドして実行)。

Platformer000.png

グラフィクス

画像(スプライト)はすべてアルファチャンネルを含むpngで描かれている。 XNAの2Dグラフィクスはすべてスプライトを読み込んで描画する。 大きなスプライトを(たとえば背景をスクロールするときなどに)使う場合は、 複数のスプライトをつないで使う。

スプライト (Sprites)

自機(player)と敵機(monster)。

Idle.png
静止しているところ。playerは96x96の1コマのpng。monsterは960x96の10コマのアニメーション。背景は透明で。
Run.png
移動しているところ。960x96の10コマのpng。背景透明。
Jump.png
ジャンプしているところ。960x96の10コマのpng。以下同文。monsterには不要。
Die.png
敵にやられるアニメーション。960x96の10コマのpng。以下同文。monsterには不要。
Celebrate.png
ゴールに到達したときのアニメーション。960x96の10コマのpng。以下同文。monsterには不要。

背景 (Background)

1280x720のpngの画像。 レイヤーは遠景、中景、近景の3枚。 中景と近景は透明部分を含む。

オーバーレイ (Overlay)

358x180のpng。 you_win.png、you_died.png、you_lose.pngの3種類。 ゲームオーバーや一面クリアの時などに表示される。 半透明。

タイル

ブロック、床、ゴールなどの画像。64x48のpng。 通常、透明部分を含む。

マップのデータ

テキストファイル。 横が20、縦が15の格子になっている。

マップを書き換える

マップは Platformer1\Platformer1\HighResolutionContent\Levelsの中にある 0.txt、1.txtなど。

....................
....................
....................
....................
....................
....................
....................
.........GGG........
.........###........
....................
....GGG.......GGG...
....###.......###...
....................
.1................X.
####################

まず、既存のマップを書き替えてみる。

タイルの種類

. 何もないタイル
1 スタート地点
X ゴール地点
G 宝石
- 浮かんでいるプラットフォーム
A、B、C、D、E モンスター
 : 通過できるタイル
# 通過できないタイル
 %
R バイク
I
K トゲ
J ジャンプ台
T 宝石を取ると乗れるようになるタイル
  • 1行辺りの長さが変わらないように注意する。
  • スタートとゴールを必ずマップの中に1個入れる。

....................
....................
...............G....
....................
....................
..............###...
....................
.........GGG........
.........###........
....................
....GGG.......GGG...
....###.......###...
....................
.1................X.
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%