Blenderインターフェイス

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

blender を立ち上げた直後(デフォルト)の状態

Blender frame layout default.png


フレームのレイアウト

blenderのウィンドウはいくつかのフレーム(ウィンドウフレーム)に分割されている。 デフォルトの状態では、 上に「情報」というフレームがあり、その左下に「3Dビュー」(上図中ややピンク色の部分)、 右下に「アウトライナ」というフレームがある。 「3Dビュー」の下には「タイムライン」が、「アウトライナ」の下には「プロパティ」フレームがある。

3Dビューは上の図のように下にメニューが並んでおり、左右にシェルフ(棚。ようするに、サイドバー)がついていることがある。 左側のシェルフはツールが並んでいて左端に寄せて隠すことができる。 右側のシェルフは3Dビューのプロパティと言って、やはり右端によせて隠すことができる。 それぞれ、上端の「+」をドラッグすることで引き出すことができる。 または、左シェルフはTキーで、右シェルフはNキーで表示/非表示を切り替えることができる。

アウトライナはWindowsのエクスプローラーのようなもので、オブジェクトの階層を表している。

プロパティはタブで切り替えて使う。 マテリアル、テクスチャ、モディファイアなどのタブに分かれている。

タイムラインはアニメーションに使うもので、モデリングには必要ない。 上の3Dビューと結合して隠すことができる。

3Dビューのビューポート

3Dビューの真ん中は「ビューポート」という3Dの表示。 ビューポートの中には最初真ん中(原点)に立方体があり、 左にカメラ、右にランプ(照明)が配置されている。 ビューポートの上で普通に左クリックすると「3Dカーソル」というものが移動する。 この3Dカーソルはあまり使い道がないので、適当に放っておけばよい。 3Dカーソルを原点に戻すときには shift c を押す。

ビューポートの操作は、マウス中ボタン(ホイール)ドラッグで回転。

ホイールで拡大縮小。

shift ホイールドラッグで視点移動。

上に「エディタ切り替え」というプルダウンメニューがある。 これは後でメッシュをUV展開してテクスチャを塗るときなどに使う。 最初は Default になっているがこれを UV Editing に切り替えるとテクスチャを塗ることができる。

下にエディタモードというプルダウンメニューがある。 Defaultエディタでは主に「オブジェクトモード」と「編集モード」を使う。 オブジェクトモードでオブジェクトを一つ選択して、その後で「編集モード」にするとメッシュを編集できる。