顔を作る

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索
Kao00.png

立方体を編集モードで3回 subdivide smooth する。

Kao01.png

左半分削除。


Kao02.png

オブジェクトモードでモディファイアのミラー。 クリッピングにチェックを忘れずに。


Kao03.png

オブジェクトモードのままで縦横高さの比率を調整しておく。


Kao04.png

編集モードにして、プロポーショナル編集で大まかな形を先に作る。 プロポーショナル編集の影響範囲を変えるには、変形中にマウスホイール。

後頭部をへこませる。

あごを細くする。

ループカットやナイフツールなどを使って徐々に細かく造形する。

ループカット、ナイフツールなどでメッシュを徐々にこまかくしていく。

Face.blend.png

鼻の周りなどはポリゴンが足りないと人間っぽくなってくれないので Ctrl R でループカットなどしながら適当に切り分ける。 それでも足りないときはナイフツールで刻んでいく。 ナイフツールは便利だが、メッシュがぐちゃぐちゃになるのであまりやらないほうがよい。 慣れてないうちはループカットと押し出しとスムーズくらいでざっと形を作っていく。 慣れてきて必要だと思えばナイフツールなど使って良い。

耳は押し出したあと smooth。 或いは別に作ってくっつけても良い。 或いは、髪の毛に隠れるのであれば作らなくても良い。

顔のUV展開

Face3.blend.png

顔は cylinder projection のほうが楽みたいです。

まずテンキーの1を押して顔の正面を向ける。

パースがかかっていたらテンキーの5を押して正投影にする。

編集モードで頭のメッシュを全選択した状態で Mesh(メッシュ) → UV Unwrap(UV展開) → Cylinder Projection(円筒展開)

頭のてっぺん辺りのメッシュがはみ出していたら適当に中に入れる(入れなくても特に問題はないが見た目的に)


Iriko.blend99.png

展開が縦に長すぎたりした場合は s y (Y方向の拡大縮小)で直す。3Dで正面から見たときと、2Dの展開で見たときと、だいたい同じに見えるくらいに縦横比を調整する。縦横比が違っているとテクスチャがとても描きにくい。