重み付け補足

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索
Jimiko05 01.png

オブジェクトを一つにまとめる前に重み付けをやっておく。

メッシュをすべて選択したあとにボーンを選択して ctrl p で自動重み付け(with automatic weight)

髪の房などには追加のボーンを刺したほうがよい。 途中の要らないボーンは親子関係だけを残して削除すると良い。


髪の房の重みが髪の毛についていると変なので、適当に修正する。

Jimiko05 06.png

選択したオブジェクトごとに隠す(hキー)ことができる。 alt h ですべてのオブジェクトを見えるようにできる。

隠したオブジェクトは、weight paint モードにしても見えないから内側を塗るのに便利。

一つのオブジェクトの一部のメッシュだけを weight paint モードで隠すことはできない (edit モードで h で隠しても weight paint モードにしたときに見えてしまう)。


Jimiko05 07.png

眼鏡など、体から離れたパーツには重みが乗らないので、自分で重みを塗らなくてはならない。


Jimiko05 08.png

頭のボーンを曲げると眼鏡がついてこない。


Jimiko05 09.png

重みを塗りにくいので、髪の毛や体を隠して頭の重みを眼鏡に塗っていく。

左側から重み付けの塗りのパネルを出して auto-normalize にチェック。


Jimiko05 10.png

ボーンの角度を変えてみて、塗り残しがないかチェック。


Jimiko05 12.png

腕のボーンの重みが髪の毛などについていることがよくある。

塗りのモードを mix(混合)から subtract(引き算)に変えて、髪の毛から腕の重みを削除する。


Jimiko05 13.png

いろいろポーズを変えてみてどこかへんなところが引っ張られてないかチェック。

最後にボーンを pose モードで全選択して、alt r で初期ポーズに戻す。