歩行モーション

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

https://www.youtube.com/watch?v=m1CdpJRfyjs

https://www.youtube.com/watch?v=Ay-mKJeGlrQ

https://www.youtube.com/watch?v=4cwBQ5jfRlA

https://www.youtube.com/watch?v=naUhBmqIoS4

※参考 モーションを付ける

LocRot

Jimiko walk99.png

タイムラインの下、鍵が2個のアイコンの欄が空欄になったままだとキーが打てないのでこれを LocRot(移動と回転)にする(一番親のボーンは移動するだけ。それ以外のボーンは回転するだけ)。

※その左の赤丸は auto keying というもので、これを有効にしておくと、(キーが空欄のままでも)ボーンを動かすたびに自動的に(下に書いているように iキーを押さなくても)キーが打たれる(動かすたびにキーを打たなくてもよい)。 auto keying は使ってもよいが、 ポーズの x-flipped paste には使えない。 また、unity にインポートするときに auto keying が有効になっているとバグる。 auto keying は一つのポーズにキーを打つ作業をするときだけ(iキーを毎度押さなくてよいように)有効にして、 それ以外のときは auto keying を無効にすると良い(というか auto keying は推奨しない)。

左右反転ポーズ

Jimiko walk01.png

最初のフレーム(F)と最後のフレーム(L)は同じポーズ。

直立したポーズはどのフレームにも無い。

両肘をやや後ろに曲げる。

一方の膝を少し前に出して、他方の膝はまっすぐ。

キーをコピーしても良いが、 Pose mode で、 ボーンを選択した状態で、 Pose mode のメニューを出して、 copy pose、 ペーストしたいフレームに移動して paste pose。

そのあとキーを打つ(i キーを押す)のを忘れずに。


Jimiko walk02.png

中間のポーズ(M)は最初のポーズを左右反転してペーストする。

pose mode のメニューで、 paste x-flipped pose でいける。

当たり前だが x-mirror (x軸対称)でキャラクターモデルを作ってないと paste x-flipped pose は使えない(ボーンの x-mirror も使えない)。 モデルは最初からx軸対称に作りましょう。

Paste x flipped pose.png


Jimiko walk03.png

最初(F)と最後(L)と真ん中(M)のポーズが決まったら、 今度は最初(F)と真ん中(M)の間のポーズ(FM)を決める。

ここは一番足を開いたポーズ。 体を少し沈める。


Jimiko walk04.png

真ん中(M)と最後(L)の真ん中のポーズ(ML)は 最初(F)と真ん中(M)の間のポーズ(FM)を x-flipped で paste する。


腕の振りは単なる正弦波でよいが、太ももと脛、足の甲の動きはやや微妙。

最初と最後のフレームの動きが滑らかにつながるように、F-Curve で傾きを調節する。

F、FM、M、ML、Lの5フレームのポーズはそのままにして、間のポーズが滑らかにつながるように F-Curve を調整。

F-Curve の調整

Gakusei02 fcurve.png

F-Curve で最初と最後のフレームの傾きが同じになるようにする。


ループするモーションループするモーション2 の説明は古いのであまりあてにならない。