人体のUV展開

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

3次元物体の表面を2次元のテクスチャの上に展開することをふつう「UV展開」という。

シームをつける

Simpleman02.blend11.png

シームはUV展開するときの切れ目になる。

Editモードで、エッジ選択にして、Mesh → Edges → Mark Seam。 エッジが赤くなったらシームになっている。

シームを消したいときは Mesh → Edges → Clear Seam。

Simpleman02.blend12.png

Default から UV Editing に切り替える。

右側の3Dビューで面を全選択して、Mesh → UVunwrap → Unwrap。

自動的に「島」が配置される。

Simpleman02.blend13.png

顔の「島」を大きめに、その他の「島」を小さめに再配置する。

Simpleman02.blend14.png

配置し終わったところ。

Simpleman02.blend15.png

3Dビューで Texture Paint。

Missing Data と言われたら Add Paint Slot で Difuse Color を追加する。

※ Blender2.7.1より前では、まず左側のテクスチャのフレームで「new」。

Simpleman02.blend16.png

左側のテクスチャのフレームも Paint モードにする。

Simpleman02.blend17.png


Simpleman02.blend18.png


Simpleman02.blend19.png

左右ともに Edit モードにする。 このときランプが残っていると陰影が付いてしまいじゃまくさいのでランプを削除する。

Simpleman02.blend20.png


Simpleman02.blend21.png


Simpleman02.blend22.png

テクスチャを不連続に塗り分けたいときなど、「島」を切り離すこともできる。

Simpleman02.blend23.png