ハーフライフ叙事詩

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

The Timeline of Events in Half Life History / h:Timeline of the Half-Life universe

1940's

1943 h:Cave JohnsonがApature Fixtureを設立。 シャワーカーテンの開発と製造。

1944 Cave Johnson がミシガン州j:アッパー半島に巨大な岩塩鉱山を購入。 以後、その長大な地下道に工場を建設するようになる。

1947 Apature Fixtures をアパチャーサイエンス(Aperture Science)に改名。 最優秀新科学会社賞を受ける。

1950's

1956 アイゼンハワー大統領は海軍を除く米軍のすべての部署にアパチャーサイエンスの高性能シャワーカーテンを納品する契約を結ぶ。

1960's

1961 7月15日 アパチャーサイエンスのテストシャフト09 (コードネーム "Zulu Bunsen") は封鎖された。

1962から1972 h:Colette Greenが生まれる。

1968 アパチャーサイエンスは行方不明になった宇宙飛行士の件で上院の公聴会に巻き込まれる。

1968から1978 h:Gina Crossが生まれる。

1969 アポロ11号月面着陸。

1970's

1971 封鎖されていたシャフト09がテストのために開かれる。 推進性ジェルのテスト開始。

1972から1982 ゴードンフリーマンが生まれる。

1972 テストチェンバー01から02を建設。

1973 アパチャーサイエンスでBBSが使用される。

1975 h:Chellが生まれる。

1976 テストチェンバー05建設。

1977から1987 h:Adrian Shephardが生まれる。

アパチャーサイエンスエンリッチメントセンターにおいて、 独自に次元扉(Portal。異次元空間の間をつなぐ門) を開発。 h:Repulsion Gel、推進性ジェル(h:Propulsion Gel)、変換ジェル (h:Conversion Gel)などを開発。

ブラックメサ(Black Mesa)はニューメキシコ州の砂漠の地下にある ブラックメサ研究所を本部とするアメリカの研究会社であり、 通常の科学的研究の他に、武器開発、異次元旅行やゼンの研究などを秘密裏に行っていた。 ちなみにj:メサとはもともとテーブルを意味するスペイン語で、アメリカの砂漠に見られるテーブル状の台地のことである。

ゴードン・フリーマン(Gordon Freeman)はアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに生まれた。 量子力学や相対性理論に興味を持ち、 アインシュタインやホーキンス、ファインマンにあこがれた。

1980's

1981 アパチャーサイエンスは米国政府から次元扉の無期限の開発契約を受ける。

1980's後半 Cave Johnson 死去。秘書の h:Caroline がアパチャーサイエンスの CEO を継ぐ。

1995

ゼンへの避難

宇宙帝国コンバイン(Combine)ボーティガンツ(Vortigaunt)の故郷の惑星を攻撃。 ボーティガンツと彼らの指導者 ニヒランス(Nihilanth)は惑星から惑星へと逃れ、 次元の境界に存在する ゼン(Xen)に隠れ住む (half-lifeシリーズで「次元」とは「パラレルワールド」というような意味で使われる。 異空間がいくつも存在していてその境界に位置するのがXenというような意味)。

コンバインは惑星に棲息する支配的な種(ボーディガンツ、あるいは地球における人間など)とハイブリッド化して、 超兵士を作りだし、 宇宙支配をめざす。

2000

Half-Life

Black Mesa Inbound / Anomalous Materials / Unforeseen Consequences / Office Complex / "We've Got Hostiles" / Blast Pit / Power Up / On A Rail / Apprehension / Residue Processing / Questionable Ethics / Surface Tension / "Forget About Freeman!" / Lambda Core / Xen / Gonarch's Lair / Interloper / Nihilanth

Half-Life: Opposing Force

Incoming / Welcome to Black Mesa / "We Are Pulling Out" / Missing in Action / Friendly Fire / We Are Not Alone / Crush Depth / Vicarious Reality / Pit Worm's Nest / Foxtrot Uniform / "The Package" / Worlds Collide /

Half-Life: Blue Shift

Living Quarters Outbound / Insecurity / Duty Calls / Captive Freight / Focal Point / Power Struggle / A Leap of Faith / Deliverance /

Half-Life: Decay

Dual Access / Hazardous Course / Surface Call / Resonance / Domestic Violence / Code Green / Crossfire / Intensity / Rift

Bring Your Daughter To Work Dayの虐殺

アパチャーサイエンスで人工知能h:GLaDOSが起動すると、 GLaDOS は自我に目覚め、エンリッチメントセンターを神経ガスで満たす。

共鳴連鎖(resonance cascade)

ブラックメサ研究所では、 イーライ・バンス(Eli Vance)アーン・マグナッソン(Arne Magnusson)アイザック・クライナー(Issac Kleiner)などの研究者らの監督の下、 ゼンからクリスタルが採取され、 その組成が解析されていた。 研究は進展していた。

ゴードンフリーマンはマサチューセッツ工科大学の博士課程を修了し、 理論物理学でPh.Dの学位を取った。 学位論文のタイトルは Observation of Einstein-Podolsky-Rosen Entanglement on Supraquantum Structures by Induction Through Nonlinear Transuranic Crystal of Extremely Long Wavelength (ELW) Pulse from Mode-Locked Source Array だった。

27才で、 ブラックメサ研究所セクターCの異質物質研究所に研究助手(research associate)として配属された。

ゼンから採取された結晶性の試料GG-3883は特別に純粋な物質だった。 イーライ・バンスの反対にもかかわらず、 ブラックメサの管理者ワレイス・ブリーン(Wallace Breen)の要請によって、実験チームはC-33/a実験室の反重力分光計の出力を105%まで上げ、 ゴードンが試料を反重力分光計の中に押し入れることによって、 ブラックメサ事故 を引きおこした。

この共鳴連鎖はGmanという謎の人物によって画策されたものだった。 その動機は人類ともコンバインとも関係ないもののようだった。 システム障害によって科学者達相互の連絡が取れなくなった。

地球とゼンの間には次元扉が生じ、多くのエイリアンがブラックメサに侵入した。 アメリカ合衆国海兵隊危険環境特殊部隊が共鳴連鎖の惨状を鎮めるため派遣され、ブラックメサは混乱状態となった。

この共鳴連鎖は非常に大規模なものだったのでコンバイン帝国によって察知され、地球で何が起きているか彼らの関心をひいた。

GManはHEVスーツ(危険環境スーツ Hazardous EnVironment Suit)を着用し、 ゼンの生き物やアメリカの軍隊と対等に渡り合うゴードン・フリーマンの活躍に注目する。 フリーマンがゼンに侵入しニヒランスを倒したときGManの関心は頂点に達し、深い感銘を受ける。

最終的にブラックメサは核爆発によって破壊される。 ブラックメサの責任者ブリーン、警備員のバーニィ・カフーン(Barney Calhoun)、 研究所の科学者のクライナー、マグナッソン、イーライらは、当時まだ幼かったイーライの娘アリックス・ヴァンスらとともに数少ないブラックメサの生き残りであった。 GManはアリックスに特別に興味を示した。

GManはフリーマンに、死ぬか、生きてGManのために戦うか、選択させた。 フリーマンは次の活躍の時まで人工冬眠(加齢しない)状態にされた。

2004

次元扉嵐(portal storms)

次元扉嵐とは次元扉がランダムに発生する現象。 ブラックメサ研究所が共鳴連鎖事故の結果消滅した後も、次元扉嵐が継続し、ゼンと地球の間でポータルが発生していた。 多くのゼンの生物がコンバインから地球に逃げてきたために、人間たちは一部の都市に集中して住むようになっていた。 アントライオンの巣が地中に広く張り巡らされ、多くの生物が棲み着いた。

コンバインはこのポータル嵐を利用して地球を侵略する計画を進めていた。

2010

7時間戦争

コンバインは次元扉嵐を利用してわずか七時間で地球のすべての軍に対して勝利した。 ブリーンは人類の自由を代償に、国連の代わりにコンバインに降伏した。

Portal

アパチャーサイエンスからの脱出

コンバインによる地球侵略からしばらくして、 h:Chellは GLaDOS によってほとんど無人状態となっていたアパチャーサイエンスエンリッチメントセンターの h:Relaxation Vaultの中で仮死状態から目覚め、 h:Aperture Science Handheld Portal Deviceを入手し、 Test Chamberを抜け、GLaDOSを破壊して脱出する。

2011

コンバイン憲兵(Combine Overwatch)

コンバイン憲兵は主にコンバイン兵士によって構成されており、 h:Gunshipなどのh:Synth(合成生物の意か)によって搬送される。 City 17 などには都市警察(Civil Protection or Metro Cop)が、 またノバプロスペクト収容所要塞にはより重装備の兵士が配置される。


要塞(citadel)

2020

Half-Life 2

Point Insertion 挿入 / "A Red Letter Day" 特別な日 / Route Kanal 運河の道 / Water Hazard 水辺の障害 / Black Mesa East ブラックメサ東部 / "We Don't Go To Ravenholm..." レーヴェンホルムには行かない / Highway 17 高速17号線 / Sandtraps 砂漠の罠 / Nova Prospekt / Entanglement 新しい希望 / 紛糾 / Anticitizen One 敵性市民 / "Follow Freeman!" フリーマンに続け / Our Benefactors 後援者たち / Dark Energy 暗黒のエネルギー

Half-Life 2: Episode One

Undue Alarm / Direct Intervention / Lowlife / Urban Flight / Exit 17

Half-Life 2: Episode Two

To the White Forest / This Vortal Coil / Freeman Pontifex / Riding Shotgun / Under the Radar / Our Mutual Friend / T-Minus One

超ポータルの閉鎖

数十、数百、数千年後?

Portal 2

Prologue / The Courtesy Call / The Cold Boot / The Return / The Surprise / The Escape / The Fall / The Reunion / The Itch / The Part Where He Kills You