スプリングスクール2018

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

立ち上げた状態

Ss2018 001.png

サンプルのシーンを立ち上げたばかりの状態。

左上の手のひらUnity hand.pngを選んでシーンの上でマウスをドラッグするとパンできます。

マウスホイールでズームできます。

右ボタンを押してドラッグすると(アイコンが手のひらから目に変わりUnity eye.png)シーンの視点を回転できます。

シーンの右上にあるシーンギズモUnity scene gizmo.pngで視点を変えることもできます。


実行してみる

プレイボタンUnity play buttons.pngを押すと実行します。

asdw (または矢印キー)で移動。

シフトキーを押すとゆっくり歩く。

マウスで辺りを見回す。

マウスホイールでカメラからキャラクターまでの距離を変える。

プレイボタンを押したままにしていると、編集内容が保存されません。 シーンを編集するときには、プレイボタンをもう一度押して止めてください。

物体を配置する

Ss2018 007.png

左側の hierarchy というタブで create → 3d object → cube (箱)。

cube 以外に sphere (球)、cylinder(円柱)などがある。

左上の「手のひら」の右隣Unity translate.pngで物体を移動。

その右隣Unity rotate.pngで回転。

その右隣Unity scale.pngで拡大縮小。

Ss2018 008.png


物体の移動 (transform → translate)

Unity translate.png Unity translate gizmo.png xyzのそれぞれの軸の方向へ移動。

物体の回転 (transform → rotate)

Unity rotate.png Unity rotate gizmo.png xyzのそれぞれの軸の周りの回転。

物体の拡大縮小 (transform → scale)

Unity scale.png Unity scale gizmo.png xyzのそれぞれの軸の方向へ拡大縮小。

物体の矩形変形 (transform → rect transform)

Unity rect transform.png Unity rect transform gizmo.png xyzのそれぞれの軸の方向へ矩形変形。

物体に物理属性を持たせる

解説用のビデオ(Youtube)をみてください(音声はありません。字幕に説明があります)。

マテリアルの色や透明度を変える

Change color material.png

Assets の中で、マテリアルを選択した状態で、inspector の Main Maps の Albedo の横の四角(隣にスポイトのアイコンがある)をクリック。

Colorpicker.png

RGBを変えて適当に色を選ぶ。

A(不透明度)を変えたいときには、 マテリアルの inspector の一番上にある、Rendering Mode を Opaque (不透明)から Transparent(透明)に変える。

おまけ: 太陽の大きさや色を変える

大きさや大気の色などは SkyBoxProcedural の値を変える。

光の色(太陽の色)は Lights → LightMainDirectional の値を変える。

ユニティについて

ユニティには、無料版と有料版があります。 自宅のPCにとりあえず無料版をインストールして使ってみることもできます。

このサンプルは Unity Technology 社標準アセットと、一部パブリックドメインのテクスチャを使って作ってあります。 キャラクターの地味子ちゃんは自作です。