コンピュータリテラシーB 2018 ガイダンス

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

この授業の目標

  • Unity 2D と Unity 3D が使えるようになる。
  • Blender の基本がわかる。
  • Blender で作ったモデルを Unity でインポートできるようになる。

Unity 2D

  • Illustrator でスプライトを描く。
  • スプライトをUnity 2Dに読み込み配置する。
  • スプライトに Collider 2D (当たり判定)を設定する。
  • キャラクターを配置して動かしてみる(標準アセットのCharacterRobotBoyを使用する)。
  • スプライトに Rigidbody 2D (物理属性。質量など)を設定する。
  • CharacterRobotBoy
  • Unity 2D 学生作品
  • Hassie and Toby's Adventure

Unity 3D

  • キャラクターを走らせるマップを作る。
  • 池、山、水、建物、エレベーター、etc。
  • Ethan

Blender

  • 簡単なモデル(鳥など)を作る。
  • テクスチャを描画する。

Unity のバージョンについて

Unity Personal は無料で自宅のパソコンにもインストールすることができます。

この授業で使う Unity は Unity 2018.2.1f1 です。

Unity は新しいバージョンが次々に出ます(2018.2.7f1 とか)。 自宅に新しいバージョンをインストールして作成したプロジェクトを大学のPC演習室で開こうとすると、いろいろ問題が起きます。

自宅で Unity をインストールして使ってみる場合には 2018.2.1f1 をインストールするようにしてください。 また、Mac版で作成したプロジェクトを Windows版で開く場合にもいろいろ問題が起きます。 自宅の Macにインストールする場合には注意してください。


東京工芸大学 芸術学部 インタラクティブメディア学科 nagaelab