クマを作る

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索
Neko003.png

ミラーで左右対称に造形する。

基本的に押し出し(eキー)とループカット(ctrl rキー)だけで作っていく。

元のポリゴンの形が悪いと subdivision surface や smooth を使っても駄目です。

クマならクマ、ネコならネコ、牛なら牛の特徴を出す。


Neko004.png

UV展開する際の切れ目(シーム)を付ける。


Neko005.png

とりあえずミラーしたまま UV展開してみる。

UV展開にもいろいろな方法があるが、シームをつけたときには自動展開を使う。

Mesh → UV Unwrap → Unwrap

対称面はシームをつけなくても切れ目になる。

ミラーしたままだと左右対称の島は重なる(両面同じテクスチャを塗るときに便利)。


Neko006.png

島を適当に並べ替える。

上下逆さまになってると塗りにくいので回転する。

島が裏返ってることもあるので反転させる。

隙間をできるだけ作らないように、画像全体に島を配置していく。


Neko007.png

ミラーを適用する前に一旦保存。

ミラーを適用してしまうと、以後左右対称に編集できなくなってしまうので注意。


Neko008.png

顔だけUV展開し直す。

人間や動物の顔は正面からUV展開したほうが塗りやすいから。

そのほか、塗りやすいように適当にメッシュを調整。


Neko009.png

とりあえずざっと塗ってみる。


Neko010.png

UV展開、メッシュを調整しつつ、さらに塗っていく。