わくわく2017

提供: socialakiba wiki
移動: 案内検索

今日使うユニティというソフトには残念ながら英語のインターフェイスしかありません。 保護者の方が適宜説明してあげてください。

立ち上げた状態

Wakuwaku2017 24.png

サンプルのシーンを立ち上げたばかりの状態。

Wakuwaku2017 01.png

左上の手のひらUnity hand.pngを選んでシーンの上でマウスをドラッグするとパンできます。

マウスホイールでズームできます。

右ボタンを押してドラッグすると(アイコンが手のひらから目に変わりUnity eye.png)シーンの視点を回転できます。

シーンの右上にあるシーンギズモUnity scene gizmo.pngで視点を変えることもできます。


箱と玉を配置する

Wakuwaku2017 02.png

Hierarchy → create → 3d object → cube

Wakuwaku2017 03.png

Hierarchy → create → 3d object → sphere

左上の「手のひら」の右隣Unity translate.pngで物体を移動。

その右隣Unity rotate.pngで回転。

その右隣Unity scale.pngで拡大縮小。

物体の移動 (transform → translate)

Unity translate.png Unity translate gizmo.png xyzのそれぞれの軸の方向へ移動。

物体の回転 (transform → rotate)

Unity rotate.png Unity rotate gizmo.png xyzのそれぞれの軸の周りの回転。

物体の拡大縮小 (transform → scale)

Unity scale.png Unity scale gizmo.png xyzのそれぞれの軸の方向へ拡大縮小。

物体の矩形変形 (transform → rect transform)

Unity rect transform.png Unity rect transform gizmo.png xyzのそれぞれの軸の方向へ矩形変形。

色を付ける

Wakuwaku2017 04.png

色を付けるには asset の material を物体にドラッグアンドドロップ。

実行してみる

Wakuwaku2017 05.png

プレイボタンUnity play buttons.pngを押すと実行します。

矢印キーで移動できます。

前に走りながらスペースキーを押すとジャンプします。

Wakuwaku2017 23.png

左のctrl キーを押すとユニティちゃんを正面から見ることができます。

玉を転がせるようにする

Wakuwaku2017 06.png

このままでは物体は空中に静止したままで、落ちてきたり転がったりしません。 重力などの影響で動くようにするにはこの物体を Rigidbody (剛体) にします。

Rigidbody にするには、 シーンで玉を選択した状態で、右の inspector で Add Component → Physics

Wakuwaku2017 07.png

→ Rigidbody

Wakuwaku2017 08.png

玉の Inspector の中に Rigidbody が追加されましたか。

RigidBody の一番上の Mass は質量(kg)です。 初期値は 1kg になっています。

重くするとぶつかったときに相手を倒したり転がしたりしやすくなります。 ぶつかられたときに転がったり倒れたりしにくくなります。

Wakuwaku2017 09.png

プレイボタンを押して実行してみましょう。

地面に玉が落ちてきましたか。

玉をもう少し高く上げてからプレイしてみてください。

Wakuwaku2017 10.png

物体をコピーアンドペースト(ctrl c して ctrl p)して増やしたり、大きさや色を変えたりしてみてください。

Wakuwaku2017 11.png

実行してみましょう。

階段を作る

Wakuwaku2017 12.png

Rigidbody にしないと物体は宙に浮いたままになり、上に乗ることもできます。

箱をコピーアンドペーストして階段を作ってみてください。

Wakuwaku2017 13.png

実行して階段に登れましたか?

Wakuwaku2017 14.png

階段を折り返したりして、どんどん高くしてみてください。

Wakuwaku2017 15.png

ときどき確かめながら作業しましょう。

Wakuwaku2017 16.png

階段の一番上に玉を置き、その先に坂を作ってみましょう。

Wakuwaku2017 17.png

階段を上って一番上の踊り場から玉を押して坂を転がせるようにしてみましょう。

玉を転がしてピンを倒す

Wakuwaku2017 18.png

hierarchy → create → 3d object → cylinder

ボーリングのピンのようなものを作ってみましょう。 大きさや色は適当に。

Wakuwaku2017 19.png

ピンを Rigidbody にして、玉をぶつけると倒れるようにします。

ピンを Rigidbody にする方法は、玉のときと同じです。 シーンで cylinder を選択した状態で、右の inspector で Add Component → Physics → Rigidbody です。

inspector の中に Rigidbody が入っていたら OK。

ピンの Mass が 1kg くらい、 玉が 50kg にすると倒れやすくなります。

Wakuwaku2017 20.png

上からみてピンをコピーアンドペーストして並べてみてください。

Wakuwaku2017 21.png

すべてを配置したら階段を登って転がしてみてください。

Wakuwaku2017 22.png

玉を落としたらピンが倒れましたか?

応用

を参考にしてみてください。

最後に

ユニティについて

ユニティには、無料版と有料版があります。 自宅のPCにとりあえず無料版をインストールして使ってみることもできます。

ユニティちゃんについて

ユニティちゃんというアセットは無料で入手することができます。

ImageLicenseLogo.png この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

このイベントでは、あらかじめある程度まで用意したサンプルシーンを用いています。 ユニティやユニティちゃんを自宅で一から使ってみたい方は、大学の授業の資料として書いた

などを参考にしてやってみてください。